top of page
本物の教育哲学と実践を発信する教育メディア

UnLEARN

ALL HAPPYの学級経営


奥野成宏先生にみんなが幸せになる教室のつくり方について聞きました。


執筆/京都府公立小学校教諭 奥野成宏


1. はじめに


 メルマガを読んでくださっているみなさん、こんにちは!京都府で教員をしている、おくのっちこと、奥野成宏です。今回、あゆさんから声をかけていただき、メルマガをかかせていただけることになりました!しかし、僕自身には、特別な力や経験はありませんし、何を書こうか悩みました。悩んだ結果、僕の悩みを書こうと思います。そして、僕の悩みについて、皆さんと一緒に考えていけたら嬉しいなと思います。僕の悩みとは、「どうすればみんなが幸せになれるか」です。



2. どうすればみんなが幸せになれるか


 毎年、新年度が始まるときに目標とすること、そして、同じ学年を組む先生に話すことがあります。

それは、子どもたちも、保護者も、そして教師自身も幸せな一年間にしようということです。


 いろいろな家庭環境の子どもたちがいる中で、子どもが1日の大半を過ごすことになる学校。そこが楽しい時間、楽しい空間になることは、子どもたち、保護者、そして教師自身の幸福につながると思っています。学校は楽しいところだ!楽しくなければならない!そう思っています。せめて、自分のクラスの子ども達、自分の学年の子どもたち、自分の勤務する学校の子どもたちは、幸せに過ごしてほしい。そして、それは、教師自身もそうであってほしいと思っています。


 けれども実際は、そう簡単にうまくはいきません。去年担任していたあの子が、今、学校に行きづらくなっているとか、前の学校で関わっていたあの子が、担任と上手くいかなくてつらい思いをしているとか、隣のクラスが荒れてしまって担任の先生が困っているとか、違う学年の先生が病気で休んでしまったとか、転勤したあの先生が今保護者と揉めて大変だとかと言ったことを、毎年のように、毎月、毎日のように聞きます。そして僕自身も辛かった時間を過ごしたことがあります。その辛かった時間は、教師だけでなく、子どもたち、保護者にとっても辛い時間でした。今、振り返っても、子どもたちや保護者の方々には、申し訳ないことをしてしまったと思います。


 どうすれば子ども達、保護者、教師、みんなが幸せな学校、教室を作れるのだろう?

僕はずっと考えています。



3. 人は、別れるために出会う


 そんなことを考え始めたころから、僕が大切にしている言葉があります。それが「人は、別れるために出会う」です。僕たち教師は、学級担任であれば、子どもたちや保護者とは1年限りの付き合いです。4月に出会った子どもたち、保護者とは、3月には別れてしまいます。その3月の別れの時を、最高の別れにしたい。この言葉は、僕に「最高の別れに向かって、一日一日を大切にしよう」という思いを持たせてくれました。


 教師として、一日一日を大切にするとは何か。それは、毎日の授業を楽しいものにすることだと思います。また、子どもたち、保護者に向けて、毎日、愛情を言葉で伝え続けることだと思います。教室で過ごす日々を、たくさんの笑い声で溢れさせること、それが最高の別れに向けて、僕ができることだと思っています。



4. 授業てらすで学ぶということ

 子どもたちのためにも、授業がうまくなりたい!そんな思いで、僕は授業てらすに入りました。授業てらすに入って、たくさんの熱心に学ぶ先生方がおられるのを知りました。子どもたちの笑顔のために、頑張っておられる先生がたくさんいることを知って、僕はとても勇気づけられました。授業てらすで学ぶということは、僕にとって一日一日を教師として大切に過ごすこと、教室を笑顔で溢れさせることにつながっています。


 しかし、最近、嬉しいことにそれだけではないことを教えていただきました。

夏休みの終わりに授業てらすの算数部で「2学期授業開き」のイベントを行いました。その中で僕は5年生の分数の足し算、引き算について提案させていただきました。そこでの提案を聞いてくださった何人かの先生方から、「分数カード、やってみました!」「教室でやってみたら、とても面白かったです。ありがとうございました!」というメッセージを頂きました。そのように言ってもらえたのがまず単純に嬉しかったです。そして、それだけでなく、授業てらすで学ぶということは、こんなふうに日本中の先生方と高め合えるのだ、自分の取り組みが日本のどこかの教室で笑顔を創り出しているのかもしれないということが、とても嬉しかったのです。授業てらすで学ぶということは、僕の教室を笑顔にするだけでなく、日本のどこかの教室も笑顔にしているのだと思います。


 授業てらすには、自分の可能性を高めてくれるだけでなく、日本をより良くしていく力があると思います。どうすればみんなが幸せになれるのか、これからも授業てらすで学んで考えていきます。


授業てらす|全国の教室をHAPPYに

教員向けオンライン研修プラットフォーム。全国47都道府県から500名以上の小・中学校教員が利用。子ども主体の授業に転換できる独自メソッドで利用会員の96%が授業力向上および児童生徒へのよりよい影響を実感。

閲覧数:76回

Comentarios


HP用画像素材_株式会社NIJIN (1).png

​     日本最大級の教師コミュニティ    

Zoom背景_NIJINアカデミー.png

​    不登校オンラインスクール    

zoom背景_学校CHLOOS (3).png

異業種×教師の教育コミュニティ

HP用写真素材_先生コーチ.png

教員向け1o1コーチング

HP用画像素材_株式会社NIJIN (4).png

​教育起業家の養成アカデミー

HP用画像素材_株式会社NIJIN (2).png

伴走スタッフ募集中

_EIS46101_edited.jpg

星野達郎のYoutube

HO3_8296.JPG

ピッチコンテスト最優秀賞

HP用写真素材_子どもオンラインスクール (31).png

NIJINで働きませんか?

入会ページ_学校CHLOOS(2023.2.10更新)のコピー.png

毎週開催!教育イベント

cover-GPRaPPA1vRzg7zamiGQJYO2C74Hmyu1m.png

アーカイブ販売サイト

HP用画像素材_株式会社NIJIN (5).png

自治体向け教育事業

NIJINロゴ (1280 × 720 px) (3).png

学校教育をあきらめない会社

bottom of page