top of page

田中 光太郎

企業連携

福井県鯖江市出身。1991年から一環して通信業界の民間企業、法人事業畑に身を置く。営業、プロダクト開発、オペレーション、さまざまな経験を経て2018年春、50歳になる年に初めて学校や教育と関わる仕事と出会う。GIGAスクール構想を機に学校が企業や社会と急速に広くつながり変化し進化する様子に心踊らされ、日ごろの仕事とNIJIN各事業での活動両方の選択肢や新たな出会い通じて人生を謳歌中。



NIJINに入る前のわたし

普通のサラリーマンです。

特に強い想いや会社の外のネットワークも多くは持たないいたって普通のどこにでもいる会社員。


毎期の目標達成に向け決められた仕事の中でがんばる、そんな普通の会社員人生を送っていました。

ところが、50歳を迎える直前に突然大きな恐怖感に襲われます「ヤバい。このままこの先10年過ごしたらその後の自分の人生は?」。


子どもの頃、両親祖父母全員が地元の公立校の先生という教員一家に育ち「先生だけにはなるまい」と思いながら社会に出たものの、生まれ持った血が騒いだのでしょうか。


①自分の強みや経験が活かせること。

②今いる会社の中でも事業になりえること。

③自分の想いにも応えられ社会に貢献できること。


この3つの円が重なったところに「学校」「教育」がありました。

そこからです、人生最大の大きな変化が起き始めたのは。



そんな私がNIJINに参画した理由

2022年春、日ごろの仕事でお世話になっている校長先生があるオンラインイベントで講師をされることを偶然知りました。

今の「学校CHLOOS」当時の「戦う職員室」が主催したイベントです。


このイベントの最後に主催者代表として登場し「学校を変えたい、教育を変えたい」を語る当時まだ起業直前だった星野達郎の言葉や存在に何かとてつもない大きな胸騒ぎと日本の教育を本当に変えてしまう予感を感じたのがきっかけです。


その後すぐ星野とゆっくり話す機会をもらいこの事業に参加。

「戦う職員室」「職員室NEXT」「学校CHLOOS」を経てNIJINの各事業に参画しています。


「授業てらす」「NIJINアカデミー」「先生コーチ」「初の単著出版」その構想段階から実現の過程を目の当たりにできる、先生やさまざまな業種をバックボーンに持つ全国の仲間と出会い、さまざまな新しいことにチャレンジし世の中を変えられる。

そんな何にも代えがたい経験をさせてもらってます。



NIJINで実現したい未来

「選択肢創り」この言葉に尽きます。

世の中には数えきれないぐらい多くの選択肢があり人はそれを知ること選べることで生きる喜び、学ぶ楽しさにあふれたHappyな人生を送れると私は信じています。


メタバースという新たな環境と仕組みで創られた「NIJINアカデミー」。

新たな学びの場が新たな選択肢となりすでに多くの子どもたちが今Happyな毎日を送っています。


新たなチャレンジの場「学校CHLOOS」が新たな選択肢となりさまざまな形で学校や教育に関わる仲間たちが世の中に新しい価値を生んでいます。


新たな選択肢を活かして学んだ子どもたちは将来きっとまた新たな選択肢を生み出します。

私たち大人も同様です。


より多くの選択肢Happyにつながる選択肢を世の中に生むこと、NIJINでの活動を通じてその仕組みを創り出したいと考えています。



"わたし"から"あなた"へ

「これ、日ごろの仕事の中でできないか?もしくはNIJINでできないか?」

「この人に、いつもの仕事を通じて会えないか?もしくはNIJINの活動を通じて会えないか?」


最近いろんな場面でこんなふうに思う瞬間が多くなりました。

選択肢がたったひとつ増えただけでやれることは数倍に拡がります。

仲間が増えます。


何十年か後「日本の教育が大きく変わったのはあの時だよね」そう振り返った時、そこにはきっとNIJINの存在があるはずです。

今学校にさまざまな形で関わっているみなさん、学校や教育に関心をお持ちのみなさん、シニアのみなさん、若いみなさん、「世の中を変える側」を一緒にチャレンジしませんか。

みなさんとの出会いを楽しみにしています。


田中 光太郎
bottom of page