top of page
【岩岡寛人教育長】学校を、社会に開かれた場所へ。37歳教育長が挑む「鎌倉の教育改革

【岩岡寛人教育長】学校を、社会に開かれた場所へ。37歳教育長が挑む「鎌倉の教育改革

【岩岡寛人教育長】学校を、社会に開かれた場所へ。

 

37歳教育長が挑む「鎌倉の教育改革

 

やり方次第で学校はハッピーになる。教育はもっとわくわくするものにできる。教育変革を志す者にとって勇気をもらえる講演です!

 

受講者の声

情報がたくさんあり、ノートがいっぱいになりました。自校の学校教育目標でも「地域に開かれた学校」「地域に根ざした学校」と掲げていますが、自分たちで限界を作ってしまっていて、このくらいの程度のかかわりを持てればいいよね、というようなスタンスでやっている状況です。また、コロナ禍を理由として関わりを自ら閉ざした教育課程が作り出されてしまっています。「社会に開かれた学校」を目指すと職員の負担が・・・と言うようなことも耳にしてきたので、今回のお話を聞いて、目から鱗な気持ちと少しショックな気持ちの半々でした。鎌倉市の「子どもの視点に立った教育」本物の「社会に開かれた教育課程」の実践をお聞きして、またそれが可能であることを知り、岩岡教育長の熱い思いと行動力に痺れました。学校や子どもに寄り添い、「可能です。」と言い切れる教育長。最高の時間でした。岩倉教育長 ありがとうございました!うなずきまくりの1時間半でした。何ごともそうかもしれませんが「仕組み作り」と『「なぜ作る、どんな想いで作る」の定義や明文化』がどれだけ大切か、を改めて感じました。今日のお話しをぜひたくさんの教育長、首長、校長先生に聞いていただきたいですし、さらには現場の先生に知っていただきたいです。「願いとお金の流れを変える」←これって実はとってもシンプルな話ですよね、でもその実例や前例があることを知るだけでも日本中でムーブメントは起きる気がします。やれる、という事実を多くの人が知ればニッポンは変わりますね。note読ませていただきます!本日はありがとうございました。スクールコラボファンドの仕組み、とても魅力的に見えました。全国に広がっていくと良いなと思います。ただ、前に書いた通りこの仕組みの本当の成功のためには教育長の前半のお話が学校現場にしっかり落ちていてこそですよね。意識を高く持って教育活動にあた