top of page

secky

公立小学校教員/一般社団法人 日本コーチ連盟 正会員

1983年生まれ 東京都出身


● 日本体育大学体育学部体育学科卒業

 (中学校・高等学校教諭免許状取得 保健体育)


● 都内の放課後子供教室指導員(会計年度任用職員)として勤務


● 玉川大学教育学部通信教育課程にて小学校教諭免許状取得


● 埼玉県内小学校スクールサポーターとして勤務


● 2009年 東京都公立学校期限付任用教員として採用


● 2010年 東京都公立学校教員として採用     


● 区の研究授業や運営委員(体育科)、学力上位県(秋田県)での視察や授業実践を通して、授業力を磨く


● 2012年 一般社団法人 日本コーチ連盟コーチ 

      養成プログラム 基礎・応用コース修了


● 2016年 一般社団法人日本コーチ連盟

      コーチ養成プログラム 専門コース修了

     (パーソナルコーチング スキルトレーニング) 


● 2017年 VIBESRECORDS DJスクール卒業 第7期生


● 2018年 『主体的・対話的で深い学びを実現する!小学校国語科授業づくりガイドブック』共著 明治図書


● 2020年 教職大学院へ1年間派遣研修(★ターニングポイント)


● 2023年 教育実践論文「OJTにおける人材育成の検討-コーチングによるかかわりに焦点を当てて-」

      日本教育公務員弘済会東京支部 第1回教育実践論文 奨励賞


● 2023年 『学び続ける教師たち -早稲田大学教師塾発-』共著  第一公報社


 現在に至る





ー コーチングとの出会いについて教えてください。

コーチングとの出会いは、初任者研修での『コーチング』講義と演習でした。自分の生き方や存在そのものに自己信頼できるような状態ではない中での希望の光でした。


その後、専門的に学んでいきたいと思い、コーチ養成機関の門をたたきました。


『相手にコーチする前に、自分で自分をコーチできる人に!』

そのために、『汝自身を知れ』by哲学者ソクラテス

オリエンテーションで伝えられた言葉が、今でも私の中に浸透しています。


約5年間かけて、『自分』探しの旅をしました。本当に辛かったし、見たくない、見せたくない自分とも対峙してきました。


その結果、自分で自分を俯瞰的に見る力を養い、常にもう一人の自分がパートナーとして言葉をかけてくれたり、見守ってくれたりしています。


現在もコーチング機関に所属し、継続学習をしています。



ー コーチングを通して何が変わりましたか?

広義的には、自分の生き方、あり方を常時、考えられるようになりました。

狭義的には、自分で自分を導いていける(セルフコーチング)の状態を創り出せるようになりました。


また、教育の分野にコーチングの普及、浸透を図ることを続けています。


児童・生徒に対しては、コーチング的なティーチングの実践を各教科で行っています。


学校教職員に対しては、組織マネジメントにおいて、コーチングの必要性を研修で示したり、若手教員に向けてコーチングを通した人材育成を行ったりしています。


さらに、教職大学院での学びのテーマを『コーチング』に据えて、1年間の派遣研修を行ってきました。


このように、コーチングを軸にした自分づくりへと成長、変化し続けています。



ー コーチングで大切にしていることは何ですか?

クライアントの方の感じ方や考え方、ものの見方・とらえ方は、その人自身が築いてきたもの。まずは、コミュニケーションする中で、クライアントの方とコラボレーションする感覚を大切にしていきます。


また、クライアントの方と話すことで、私自身にも必ず気づきや学びがあるはずです。ともに、『コーチング』を生かし、目標達成や自己実現に向けた新たな行動習慣を創り上げていきましょう。



SNS/LINK

Facebook:https://www.facebook.com/suguru.sekikawa

その他Web記事など:

バイブスレコード DJ教室|VIBESRECORDS DJスクール

主体的・対話的で深い学びを実現する!小学校国語科授業づくりガイドブック:遠藤 真司 他 編著 - 明治図書オンライン (meijitosho.co.jp)

書籍案内とご注文:第一公報社 (d1k.biz)

教育実践論文集録 第1集.pdf (nitkk.com)



secky

あなた専属のコーチが課題解決・キャリアをサポートします

ー お申込み手順 ー

HP用写真素材_先生コーチ (5).png

申込ボタンをタップして
​必要事項を入力する

「追加」を押して
​公式LINEを追加する

アンケートの項目に
​回答して送信する

bottom of page