top of page

とも

「傾聴」のプロ/現役養護教諭/教育相談

養護教諭として24年勤務。

経験してきた校種は、定時制高校や附属中等教育学校、工業高校、幼稚園、女子高など、バラエティに富んでいます。


教育相談のリーダーとしてQ-Uによる生徒理解や、ソーシャルスキルトレーニングのワークシートの作成などに関わってきました。


保健室では「どんな話をしてもいいよ」「ありのままのあなたでいていいんだよ」という思いで生徒たちの話に耳を傾け続けてきました。話題は、不登校、LGBTQ+、リストカット…多岐に及びます。

本音を話してくれることに感謝をしながら、生徒との対話を楽しんでいます。


現役 全日制高校 養護教諭/GCS認定プロフェッショナルコーチ

※公立学校の教員のため、無償で参画





ー どんな方を対象にコーチングをしていますか?

〇生徒の話をしっかりと「傾聴」したいと思われている方

生徒の本音に寄り添って、彼らの思いを汲み取りたい。

ただ、友達関係の悩み、リストカットやLGBTQ+、不登校などの話に、どう対応すればいいのか悩むこともありますよね。

私も最初はそうでした。ただ、今は、どんな話もニュートラルに受け止められるようになっています。

24年間、生徒の話を「傾聴」してきた養護教諭として、どう向きあっていくのか一緒に考えることができます。


〇道徳などに、アサーションなどのグループ活動を取り入れたい方

教育相談係の長として、アンガーマネジメント、ソーシャルスキル、アサーションなどのグループワークの授業指導案を作成し、提案してきました。

どんな活動をつくっていけばいいのか、年間計画も含めて、一緒に取り組みましょう。

学級の状態を把握するために、Q-U(学究生活満足度尺度)を、これまで3校で導入してきました。

どう導入していけばいいのか、導入後、どう生かしていけばいいのか一緒に考えませんか。


〇誰にも本音を話せなくて苦しい思いを抱えている方

皆忙しそうで、誰に話を聴いてもらったらいいのか分からない。

周りは年下ばかりだから、弱音を出せる場所がない…。

毎日頑張っていらっしゃるなかで、様々な思いが溢れてくることがあると思います。

その思い、誰かに話せていますか?

実は、私も摂食障害で2年間休職した経験があります。

そのなかで、本音を出すことの大切さを感じ、今はコーチとして活動しています。

養護教諭として2,000時間以上、コーチとして200時間以上「傾聴」してきた私と一緒に、あなたの本音を出す場をつくっていきませんか。


ー コーチングの特徴は?

安心安全の中で「思ったこと、感じたことを評価されることなく話せること」を第一にしています。

対話を通して、その方が本当にやりたいこと、大切にしていることを、一緒に見つけていきます。

とも

あなた専属のコーチが課題解決・キャリアをサポートします

ー お申込み手順 ー

HP用写真素材_先生コーチ (5).png

申込ボタンをタップして
​必要事項を入力する

「追加」を押して
​公式LINEを追加する

アンケートの項目に
​回答して送信する

bottom of page